ネットショップ大賞 ネットショップ大賞
 

エアードライヤーの選定

エアードライヤーの選定方法・選び方

エアードライヤの選定方法

エアードライヤーとはコンプレッサーでつくられた圧縮空気の中に含まれる水分(ドレン)を除去し、圧縮空気を乾燥させるため機器です。

空気中には水蒸気、ホコリ、ゴミ、花粉、砂が有ります。
フイルターでゴミ、ホコリ等の大きい物は除去されますが、水蒸気等の微細な物はエアーコンプレッサーでは0.69MPa(メガパスカル)に圧縮された空気は、体積が1/8になります。
大気の約8倍の濃度で含有しています。

よって、これらの不純物を除去するのがフイルターやエアードライヤです。
水分除去にはフイルターも有りますが、より効果的に水分除去するにはエアードライヤです。

水分、不純物を含んだ圧縮空気をそのまま使用すると、機器の動作トラブルになります。
例)電磁弁、エアーシリンダ―、エアーモーターの動作不良になります。

エアードライヤーを用いることで、製造工程において重要な3つのメリットが得られます。

1

エアー工具・機械のトラブル・動作不具合・腐食・劣化の防止

圧縮空気中の水分が原因で生じるエア工具や機械のトラブルを防ぎます。
特にエアシリンダーやバルブ、電磁弁などが錆びてしまい、動作不良や腐食、劣化が進むことを抑制します。

2

配管の腐食防止

水分(ドレン)が配管システムに残ると腐食や、漏れ、破損を防ぎます。

3

不良品の削減

湿度の高い圧縮空気や水分(ドレン)が製品に直接かかると、製品の品質低下・不良品など悪影響を及ぼします。エアードライヤを使うことでドレンが引き起こす品質問題を減少させることができます。

塗装作業では水滴が塗膜をはじき、塗装作業を一からやり直さなければならないケースもあります。
このようなトラブルの解消のため、一般的にドライヤーを設置します。

エアードライヤーは様々な用途や機能に応じて多種多様に設計されています。その主な種類と特徴を紹介します。

冷凍式エアードライヤー

冷凍式エアードライヤー

熱交換器で圧縮空気を冷やし結露させて除湿する。

膜式エアードライヤー

膜式エアードライヤー

膜で水分を分離除去する。

吸着式エアードライヤー

吸着式エアードライヤー

吸着剤に水分を吸着させる。

温度条件(入気温度、周囲温度)
入気温度

入気温度とは、コンプレッサーからドライヤに入ってくる圧縮空気の温度の事。
入気温度が50℃よりも高い状態で、 標準入気タイプ(RAXタイプ)を使用すると、高圧カットが働いて、ドライヤが停止してしまいます。
そして末端に水(ドレン)が発生し、エアー機器等のトラブルにつながります。
入気温度が高い場合は、高温入気タイプ(RAX SEタイプ)を選んで下さい。

周囲温度

周囲温度とはエアードライヤーを設置する周囲の温度の事。
仕様では標準入気タイプ(RAXタイプ)高温入気タイプ(RAX SEタイプ)どちらも、2~40℃までとなっていますが、なるべく涼しく、風通しの良い設置して下さい。
なぜなら、空冷式のエアードライヤーは、周囲の空気で熱交換器を冷やすからです。
その為、周囲温度が高いと、入気温度と同じで、ドライヤが停止するなどのトラブルが起きます。

お客様の中には、設置場所がなくて、ボイラー等の近くにコンプレッサーやエアードライヤーを設置している方もいらっしゃいます。
この場合は、周囲温度が高くなりやすく、ボイラーの粉塵(ボイラーの種類にもよります)なども影響してドライヤが停止しやすくなります。

コンプレッサーの圧縮方法

スクリューコンプレッサーをお使いの場合は、コンプレッサー内にアフタークーラーが付いている為、入気温度が比較的低いです。
ただし、夏場の周囲温度が高いと冷えにくい事がありますので、余裕を見るなら、高温入気タイプ(RAX SEタイプ)をお使い頂くと良いです。
レシプロコンプレッサーの場合は、アフタークーラーが付いていません。
そのため、高温入気タイプ(RAX SEタイプ)をおススメします。
中圧仕様のコンプレッサーをお使いの場合は、1.57MPaまで対応可能な、中圧対応タイプ(RAX-H)をご使用下さい。


冷凍式エアードライヤーとは?

コンプレッサーでつくられた圧縮空気の中に含まれる水分(ドレン)を取り除き、乾燥した空気をつくるための機械です。
エアードライヤーを使うことにより、ドレンによる機械の寿命低下や配管の腐食などのトラブルを防ぎます。熱交換器で圧縮空気を冷やし結露させて除湿します。

コンプレッサーの出力、圧力
コンプレッサー出力

お使いのコンプレッサーの出力(kw)に合わせてお選び下さい。
対応したコンプレッサーよりも小さな能力のドライヤは選定しないで下さい。
1サイズ大きい能力のタイプを選定するのはOKです。

単相100Vエアードライヤ一覧

コンプレッサー出力 標準入気対応 高温入気対応 中圧対応
0.75~2.2kw RAX3J-A1
単相100V
RAX3J-SE-A1
単相100V
RAX3.7J-H-A1
単相100V
2.2~3.7kw RAX4J-SE-A1
単相100V
3.7~5.5kw RAX6J-A1
単相100V
RAX6J-SE-A1
単相100V
RAX7.5J-H-A1
単相100V
7.5kw RAX8J-A1
単相100V
RAX8J-SE-A1
単相100V
11kw RAX11J-A1
単相100V

よくあるお問合せ・お悩み

  • 自分のコンプレッサーに適したエアードライヤを選定してほしい
  • コンプレッサーから水が出るので購入したい。
  • 付属品や配管も含めて購入したい。
  • 更新したい、など。
  • 弊社ではフロン回収も行っております。ご購入して頂いたお客様で、必要でなくなったドライヤーは引取り致します(フロン回収費用含む)。
  • ご購入後の修理依頼は当店で承ります。当店には、オリオン機械で研修を受けたサービス員がいます。修理が必要な場合(有償)は当社まで送って下さい。修理いたします。また、全国各地に営業所・サービス拠点がありますので、メンテナンスも安心です。



ドレン・エアードライヤー注意点
「ドレン&エアードライヤー注意点」を一覧表示しました。こちらもご参考下さい。

■「 コンプレッサーQ&A」一覧ページへ戻る

用語集 省エネ=省コスト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日
■土曜(第2は営業)・日曜・祝日
※お問合せ・発送は休み。

【営業時間】
平日8~17時

【当日受注締切時間】
平日15時頃

ページトップへ