アルミエアー配管 aircom

aircom施工手順

aircom施工手順


1パイプの切断は、パイプカッターで行って下さい。
・管表面の状態を確認後、必要な長さに正確かつ真っ直ぐに切断します。
・切刃を管軸に対して90°にし、できるだけ垂直に切断してください。
パイプの切断 パイプの切断


2切断後は必ずパイプ内・外のバリ取りを行って下さい 。
外径のバリは、面取リーマーを使用して大きくとって下さい。
・切断した配管外面のバリを除去し、内径の端部に切りくずや、バリがあれば除去して下さい。
・後で空圧機器に対して問題とならないよう切残り、埃、不純物を除去することが重要です。
・外径のバリは、大きくとって下さい。配管とOリングの挿入がスムーズになります。
バリ取り


内径のバリも必ず行ってください。
・面取リーマーを使用して、内径のバリも取れますが、バリ取りの方が内径のバリは綺麗に取れます。
バリ取り
3配管部材の長さ(挿入深度)をマーキングしてください。
・メジャーを使用し、配管部材の入れる長さ(挿入深度)をマーキングしてください。
マーキング

配管部材の長さ(挿入深度)

ポリマー製(樹脂継手)、アルミ製(アルミ継手)で挿入深度が変わります。

    マーキング     マーキング
サイズ ポリマー製(㎜)
樹脂継手
アルミ製(㎜)
アルミ継手
φ20 48 37
φ25 52 45
φ32 62 56
φ40 70 77
φ50 79 75


4アルミ配管、Oリングガスケット接触面に、潤滑剤スプレーを使用してください。
②のバリ取りと、潤滑材スプレーを使用する事で配管の挿入がスムーズになります。
・作業を容易にするためアルミ配管、Oリングガスケット接触面に、潤滑剤スプレーを使用して挿入して下さい。
 (アルミ配管にもスプレーすると、より挿入しやすくなります)
潤滑剤を使用


5配管のマーキング線を目安に止まるまで押し込みます。
継手に挿入する際、アルミ配管は回さないでください。Oリングが切れる場合があります。
・配管を継手内に挿入しマーキング線を目安に止まるまで押し込みます。
押し込み


6専用工具を使用し、締め付けを行ってください。
・まず、停止点まで手で締め、続いて専用工具を使用して、締め付けてください。
・継手の締め付けが正しいとナットは締め付けマーキング位置の中ほどに来ます。

※専用工具は貸出します(約1週間程)

■貸出工具はこちら



専用工具締め付け

*写真はナットレンチ使用ですが、実際にはスパナーになります。

    最終確認

7最後に必ず、エアー漏れがないか確認してください。
石鹸水スプレーを使用し、気泡がでないか必ず確認してください。
(エアー漏れの際は気泡がでます)
①配管作業が完了しらたら、継手すべての再締め付けを行ってください。

③コンプレッサーのエアーを配管全体に流して下さい。

③継手部分に、石鹸水スプレーを噴霧する。

④気泡ができていないか確認する。(エアー漏れの際は気泡がでます。)

⑤継手すべて、エアー漏れがなければ作業完了になります。

注意エアー漏れがある場合は、Oリングが切れているか、
配管が挿入位置まで入っていない可能性があります。
配管の挿入位置の確認と、継手を分解して、Oリングが切れていないか確認をしてください。

■アルミエアー配管・aircom一覧ページへ戻る



商品カテゴリ

当ショップの特典

新商品のご案内

エアーフィルターについて

エアーとドレンが漏れる

窒素ガス(チッソN2)発生装置

ドライヤ警告灯が点灯したら

静音コンプレッサー比較

海外でのコンプレッサー使用

チョコデコレーションマシン

コンプレッサー用語集

アルミエアー配管

配送・搬入・設置

CKD抗菌・除菌フィルタ・窒素

アルミエアー配管 aircom

除菌照明


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日
■土曜(第2は営業)・日曜・祝日
※お問合せ・発送は休み。

【営業時間】
平日8~17時

【当日受注締切時間】
平日15時頃

ページトップへ