静音コンプレッサー比較

静かなコンプレッサーの比較(騒音値)

静かなコンプレッサーをお

探しの方!

最近、コンプレッサーの音に関するお問合せが増えてきています。
コンプレッサーのタイプにより、音(騒音値)も違ってきます。
今回は、その音を最優先する方に比較をしてみます。

静かなコンプレッサーは、音を優先して選びたい方!レシプロ

やベビコンの騒音で困っている方!静かな作業環境にしたい方!におすすめです

コンプレッサーの音に関する問題は様々

製造業・工場の場合
工場が 、住宅街の中やマンションが隣接しているので、音がうるさいと困る

工場な ので、連続してコンプレッサーを使うので、仕事中うるさい環境は嫌だ

自動整備工場の場合
店舗も かねてとなるとやっぱり音が気になる

夜に仕 事をすることがあるので、うるさいと近所迷惑になる

連続運 転じゃないけれど、入れたり切れたりの音の回数もなるべく減らしたい

ラボや事務所の場合
ビルや 建物のテナントなので、他のフロアーの方に音で迷惑をかけられない

静かなコンプレッサーの音を比較しましょう

コンプレッサーのタイプにより、"音の大きさ"が決まってきます

コンプレッサー騒音値比較
また、静音・耐久性タイプと静音タイプのコンプレッサーは、レシプロ・ベビコン・防音タイ プと比べても振動も少ないため、より快適な作業空間が実現できます。

圧縮方法の特徴・比較




安価タイプ
(ベビコン)
静音タイプ 静音耐久性タイプ

安価タイプ圧縮機形状
静音タイプ圧縮機形状
静音・耐久性タイプ圧縮機形状




シリンダ内部を往復するピストンの作用で、圧縮室の空間容積を変化 させることにより圧縮。 インポリュート曲線で構成されたラップを180℃ずらした状態でかみ 合わせ、両ラップに仕切られた空間の容積変化により圧縮。 オス・メス一対二本のスクリューローターのネジ溝にできる容積変化 で圧縮。

本体吐出にバルブが必要で、構造自体トルク変動が大きく低速回転の 為、音・振動が大きい。但し安価。 バルブが不要でもっともトルク変動が少なく、音・振動が飛びぬけて 小さい。また、効率が良い。 工場エアーとして最も普及している給油式コンプレッサーの機構で、 音・振動も小さく、中形クラスで効率が良い。

オススメは静音と耐久性静音タイプ

静音タイプ 耐久性・静音タイプ
静音イラスト
助さんイラスト
無給油 式
(オイルフリー式)
給油式 (オイル式)
静かなコンプレッサーオイルフリー式
静かなコンプレッサーオイル式
・コンプレッサーが出る空気にオイルを含まない
・クリーンな空気が必要
※エアーにも品質があります

例)車などの塗装・食品・医薬品・歯科技工・精密機械業界等
・コンプレッサーから出る空気にオイルを含む(0.002~5cc/2程 度)
・一般的に使われるエアー

例)一般塗装・インパクトレンチ・一般機器作動エアー
オイルやドレンの管理が楽です ・耐久性がいいから、メンテや管理が楽です
・フィルターを付けることでオイルフリーエアーに近い状態にできる


おすす めPOINTおすすめポイント おすす めPOINTおすすめポイント
歯科技工所などの事務所内設置や農業関係など、
きれいなエアーが必 須の場合はこちらのコンプレッサーが適しています。
24時間365日稼動してもへこたれないコンプレッサーです。
レシプロ・ ベビコンと比べても、耐久性がとても良いです。
1日8時間以上使うケースでは、このコン プレッサーを自信をもってお勧めします。
日頃のお手入れは"当店オリジナルの点検 資料"をご用意しております。
コンプレッサーについては何なりとご相談下さい。

コンプレッサーを静音

で選ぶ

コンプレッサーを耐久

性・静音で選ぶ


「耐久性・静音にして良かった!」お客様の声

写真をクリックすると各お客様の声に飛びます
給油式

コンプレッサー3.7kw(5馬力)導入事例プラスチック工場 給油式

コンプレッサー3.7kw(5馬力)導入事例自動車整備工場 border=
給油式

コンプレッサー2.2kw(3馬力)導入事例繊維工場 給油式

コンプレッサー3.7kw(5馬力)導入事例一般住宅 給油式

コンプレッサー2.2kw(3馬力)導入事例歯科技工
導入事例一覧を見る

商品カテゴリ

当ショップの特典

エアーフィルターについて

エアーとドレンが漏れる

窒素ガス(チッソN2)発生装置

ドライヤ警告灯が点灯したら

静音コンプレッサー比較

海外でのコンプレッサー使用

チョコデコレーションマシン

コンプレッサー用語集


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日
■第1、3土曜・日曜・祝日
※お問合・発送は休み。

【営業時間】
平日8~17時

【当日受注締切時間】
平日15時頃

ページトップへ